ドラプロ攻略速報|ドラゴンプロジェクト攻略・まとめ速報

522PV

main_img

今春のリリースを予定している「コロプラ」の新作スマホゲーム『ドラゴンプロジェクト(以下ドラプロ)』

ハンティングゲームである本作の醍醐味は「協力プレイ」に尽きます。

毛色が似ているカプコンの名作「モンスターハンターシリーズ」においても、友達や他のプレイヤーとの協力を全面に押し出しております。

そこで、今回は本作での協力プレイがどうなるのか、考察していきましょう。

人数

MonsterStrike20140116-02

1回の協力バトルで、最大まで何人と一緒に戦うことができるのでしょうか?

「モンハン」では最大4人、また「モンスターストライク」や「白猫プロジェクト」と言ったマルチプレイが存在するスマホゲームも、大抵は4人までとなっています。

タイトル

さて、では『ドラプロ』はどうなるのでしょうか?
恐らく4人プレイになると思いますが、メイン画面では、ドラゴンに5人のハンターが飛びかかっているのが気になります。

もちろん演出でしょうが、もしかしたら最大5人プレイの可能性も……?
これは期待大ですね。

アイテムの受け渡し

5114_2

「モンハン」の協力プレイでは、持ってないアイテム、忘れてきてしまったアイテムを他のプレイヤー同士でカバーすることができました。

「ハチミツください」はもはや名言ですね(笑)

本作においては、アイテムの存在も不明ではありますが、何らかの回復アイテムはあると思います。それらをプレイヤー間で受け渡しできるようなシステムであれば、結束感が生まれて、より楽しめるかもしれません

ログアウト

img_2_m

こちらも「モンハン」あるあるですが、回線が不安定な場合の処置はどうなるのか気になるところです。
「モンハン」では回線が不安定になると、フッと消滅してしまいますが、本作ではどのようになるのでしょうか?

単純に1人いなくなることは戦力ダウンにつながるので、プレイヤーはログアウトしてるが、CPUが変わりに操作する、などの救済処置があると助かりますね。

 

この様に不安点は多々ありますが、しっかりとした環境が整っていれば協力バトルは間違いなく楽しめるシステムになるでしょう。
皆さんは協力バトルに対する要望や不安定はお持ちでないでしょうか?

 


  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(15)
  • No.
    1

    回線が切れたときに元のデータでコンピューターが戦ってくれると助かるんだけどなあ。


  • No.
    2

    確かに回線が切れた時の対応は知りたいね。
    あとゲーム内のプレイヤーの会話が、紋切り型じゃなくて、チャットみたいに自由に出来ればいいね。


  • No.
    3

    最大5人プレイになると今までの常識とは違った世界になりそうだね。


  • No.
    4

    回線切れた後でも、同じパーティーに復帰できたらありがたいです。


  • No.
    5

    特定の人数でしか受けられないクエストはあるかな?


  • No.
    6

    古いスマホだと回線落ちが怖いですが、知らない人とパーティ組むのも楽しそうですね。チャット機能がどうなるかが気になるところです。


  • No.
    7

    人数制限クエストありそうですね。足りなかったらNPCが手伝ってくれるといいのですが…。


  • No.
    8

    5人でできたら面白そう。みんなでワイワイできるのがいいな~。


  • No.
    9

    大狩猟クエストみたいなのあったら盛り上がるな。


  • No.
    10

    すごくリアルだしやりごたえがありそうだね。


  • No.
    11

    友達と一緒にゲームができるんだったら最高!毎日が楽しくなりそう。


  • No.
    12

    プレイ画面は格好いいね、みんなで遊べるの楽しみだな。


  • No.
    13

    自動で操作できるお任せボタンがほしいですね。全てタップするのはしんどいです。


  • No.
    14

    多人数プレイは回線がいつも気になるし、それでプレイに集中できなくなる時もあるから
    回線切れても復帰可能なのはほしいね


  • No.
    15

    回線切れの救済処置があったら安心してプレイできますね。リリース楽しみです。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ