ドラプロ攻略速報|ドラゴンプロジェクト攻略・まとめ速報

191PV

img20081009_2_p

今春のリリースを予定している「コロプラ」の新作アプリゲーム『ドラゴンプロジェクト(以下ドラプロ)』。

バトルゲームに欠かせない要素「状態異常」。

前回は、「毒、麻痺」を紹介しましたので、今回はその他の状態異常を、ご存じ「モンスターハンターシリーズ」と重ねて考察してきたいと思います。

雪だるま

o0401035911671181012

雪山や雪原に生息するモンスターの一部の攻撃を受けてしまうと、この「雪だるま」状態になってしまいます。

全身に雪を纏ってしまい、攻撃やアイテムの仕様が不可能になるほか、移動速度が通常時に比べて、圧倒的に低下してしまいます。

時間経過や、回避行動をとっていると自然に治りますが、その間はひたすら遅くなった移動速度でモンスターからの攻撃を逃げ惑わなければならないので、非常に厄介な状態異常となっています。

『ドラプロ』公式サイトのPVから、雪山のようなフィールドの存在は確認されているので、もしかしたらこの異常状態にかかるタイミングもあるかもしれませんね。

食事不可

cc771c755c71c362b6f175c4c998fea0_content

全身が臭くなってしまい、回復薬や携帯食料などのアイテムが一部を除き、一切使用できなくなってしまいます。

しかし、なぜ臭くなるだけでアイテムが使用できなくなってしまうんでしょうか……?

それはさておき、この状態だと回復行動が取れなくなるので、ピンチの際に回復して巻き返すことができなくなってしまいます。

本作でのアイテムの存在はまだ不明ですが、回復魔法なるシステムは存在するので、魔法を一切使用できなくする状態異常は存在するかもしれません。

 

さて、状態異常の種類はまだまだありますが、残りは次回に紹介していきたいと思います!

 


  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(19)
  • No.
    1

    雪だるま状態で動くと可愛いなww


  • No.
    2

    臭いと食欲なくなるからだろ


  • No.
    3

    回復魔法はあるんだ、攻撃魔法もあるの?


  • No.
    4

    想像力を刺激する状態異常で非常に楽しみです。


  • No.
    5

    雪だるま状態は面倒な状態異常ですけど見た目が笑えるんで結構好きだったりしますw


  • No.
    6

    回復魔法があるってことは状態異常も回復できるんですかね?マルチの時に回復係をやったら人気出るかなw


  • No.
    7

    雪だるま状態はないかもですが、凍結状態はありそうですね!


  • No.
    8

    ネタになる状態異常がたくさんあると面白そうです。


  • No.
    9

    状態異常を治す回復魔法とかは出るのかな?


  • No.
    10

    臭いで食事できなくなるとか、おもろい設定だなw


  • No.
    11

    雪だるまになったら防御力だけは上がればいいのに


  • No.
    12

    お風呂や温泉に入って臭いがとれたりすればな~


  • No.
    13

    雪山で雪だるまになったら、ステルス効果ありそうなんですが(笑)


  • No.
    14

    臭くなると携帯食料を食べられなくなるという設定を考えた人は、トイレの近くとかだと食事できないタイプの人なのかなとか思ってしまうな。


  • No.
    15

    状態異常の代わりに能力が上がるっていうのは昔からあったよね。
    雪だるまなら防御力アップでいいんじゃないかな。
    毒で筋力低下とか、複合的な効果は面白いと思う。


  • No.
    16

    クサくなるのはちょっとしたギャグのようですね。
    いっそ回復アイテムや食料に消費期限付けて過ぎたものを使ったら腹痛状態とかどうでしょう?


  • No.
    17

    食事不可は厄介だなぁ。雪だるまはクスっときちゃいますね。


  • No.
    18

    雪だるま状態はちょっと面白いな~状態異常の中でも笑えますね。

    ぴんぽんぱーる

  • No.
    19

    面白い状態異常があるものだなあ。雪だるま状態でモンスターから逃げ回る図、笑えそうだから早く見てみたい。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ