ドラプロ攻略速報|ドラゴンプロジェクト攻略・まとめ速報

176PV

cached

今春のリリースを予定している「コロプラ」の新作アプリゲーム『ドラゴンプロジェクト(以下ドラプロ)』。

バトルゲームに欠かせない要素「状態異常」。

前回は、「毒、麻痺」を紹介しましたので、今回はその他の状態異常を、ご存じ「モンスターハンターシリーズ」と重ねて考察してきたいと思います。

混乱

o0800045013488765986

モンハン最新作である「モンスターハンタークロス」に登場する「ホロロホルル」の一部の攻撃を食らうと「混乱状態」になることがあります。

この状態になってしまうと通常通りの操作ができなくなり、移動する際の方向入力が真逆になってしまいます。
普段慣れている操作法が使用できなくなるので、直感的に操作することが難しくなってしまうのです。

私自信、このフクロウにどれだけ泣きを見たことか……。

モンハンでは最近実装された新しい状態異常ですが、「混乱」というのは他のゲームでも多々見受けられるので、『ドラプロ』に実装される可能性も十分考えられます。

ぷにこんでの操作が逆になったら厄介この上ないでしょうね(苦笑)

骨まみれ

1206os03

仰々しい名前のこの状態異常になってしまうと、回避行動をとった際に、前記事で紹介した「だるま状態」になってしまいます。

この状態になると、ご存じのようにアイテムの仕様や、武器を使った攻撃が不可になる他、移動速度も大きく低下してしまいます。

モンハンでは「消散剤」というアイテムで解消することができたので、もし本作にも実装されるなら、専用の解除アイテムはぜひ欲しいですね。

さて、状態異常の種類はまだまだありますが、残りは次回に紹介していきたいと思います!

 


  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(20)
  • No.
    1

    モンハンのホロロホルル、私もかなり手こずりましたし苦手です。ドラプロでも似た敵が出てくるのかなぁ


  • No.
    2

    混乱したら操作が反対になるのか。。。

    もし、操作リバースが合ったら、その時だけ使ったら普段通りにプレイできるのかな。。


  • No.
    3

    骨まみれとか、狼とかハイエナ系のモンスターが寄ってきそうだな。


  • No.
    4

    骨まみれとか斬新な状態異常だな、まあモンハンにもあったような感じっぽいけど


  • No.
    5

    混乱はアクションゲームだとやっかいな状態異常です。


  • No.
    6

    混乱してもベテランは難なくプレイしそう。


  • No.
    7

    骨まみれ、泥まみれ、血まみれ…とりあえずいろいろまみらせておけば応用効く状態異常じゃない?
    似たようなのは出るかもしれないね。


  • No.
    8

    混乱に対処出来れば一人前みたいなとこありそう。まあ自分攻撃とかない分温情でしょう。


  • No.
    9

    状態異常で、名称が「骨まみれ」って、すごいセンスだな。


  • No.
    10

    混乱の、入力操作の向きが逆になるやつは、なれたら普通に動かせるんでしょうか。


  • No.
    11

    解除アイテムを増やしたり改善点がまだまだありそう。


  • No.
    12

    プレイヤーを困らせる部分もあっていいような‥。


  • No.
    13

    操作が逆になるだけだったら、慣れで対応できるけどランダムで動くのは勘弁して欲しいけど。


  • No.
    14

    しかし骨まみれのネーミングのインパクトはすごいなw


  • No.
    15

    混乱状態はスマホでも表現しやすそうなので実装されそうな気がしますね


  • No.
    16

    骨まみれってモンハンでも一部のモンスターしか使ってこなかったよね?ドラプロにも出てきたらかなり厄介な気がする


  • No.
    17

    操作が逆になると非常に難しいですね。これからはアイテムを常備しておきます。

    ぴんぽんぱーる

  • No.
    18

    混乱で操作が逆になったら、脳トレだと思って頑張るしかないか


  • No.
    19

    骨まみれは何か解除できるアイテムが出そうだね


  • No.
    20

    状態異常が複数出て来て対策大変そうだ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ