ドラプロ攻略速報|ドラゴンプロジェクト攻略・まとめ速報

226PV

cached

今春のリリースを予定している「コロプラ」の新作スマホゲーム『ドラゴンプロジェクト(以下ドラプロ)』。

今回も名作「モンスターハンター」に登場するモンスターの中でも、特に厄介なものをピックアップしていきたいと思います。

もしかしたら、近しい能力を持った巨大ボスが『ドラプロ』にも登場する可能が十分あるので、ぜひとも押さえておきましょう!!

リオレイア

wanted_mh_leia

前回紹介した、火竜、リオレウス。
このモンスターには、実はつがいとなる雌の個体種も存在します。

「リオレイア」です。

赤い外見のリオレイアに比べ、こちらは緑一色。部分的に細かい差はありますが、見た目がリオレイアとうり二つです。

雄であるリオレウスに比べ、攻撃の威力は劣りますが、その分トリッキーな攻撃をしてくる、これまた厄介な強敵です。

雌とはいえ、リオレイアも立派なドラゴンです。空を飛び、火球を吐いてくるので、油断は禁物です。その中でも、猛毒を持つ尻尾を使った「サマーソルト攻撃」は、威力が非常に高い上、毒状態にまでしてくる非常に強力な攻撃となっております。

 

対処法

20080912reia

非常に強力な「サマーソルト攻撃」ですが、弱点もあります。
それは攻撃範囲がかなり狭い、ということです。

左右どちらかに回避することで簡単に避けることが可能です。
また、この攻撃を繰り出してくる直前には、一歩後ろに下がる、という予備動作を行うので、反応するのも他の技に比べて比較的簡単になっています。

リオレイアの体力が減ってくると2回連続で繰り出してくることもあるので、その点だけ注意しておけば、簡単に対処することができるでしょう。

 

さて次回からも管理人が選んだ厄介なモンスターを紹介していきたいと思います!


  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(20)
  • No.
    1

    同じモンスターでも雌と雄で行動パターンが違うと、攻略方法も変わるから面白そう。雌と雄でドロップする素材が違ったりしても楽しいかも。


  • No.
    2

    二体同時に出てくるなんてことは。。。ないですよね、、


  • No.
    3

    行動パターンさえ把握してれば怖くないですね。


  • No.
    4

    言われなきゃ雄雌どっちかまったくわからないよ


  • No.
    5

    最初は2回連続でサマーソルトをしてくるなんて思ってなかったので見事にやられた思い出があります。


  • No.
    6

    見た目は変わらないけど、やっぱ雌の方が攻略しやすいね。


  • No.
    7

    リオレイアは見た目もいいよね。このゲームにもドラゴン系のモンスターが沢山出そうだから早くやりたいな


  • No.
    8

    リオレイアはリオレウスより面倒くさかったなあ。動きがよくわからない。


  • No.
    9

    攻撃範囲が狭いことで、初めて戦ったときは、いろいろ助かることもありましたね。


  • No.
    10

    トリッキーな動きは慣れてくるまで大変ですね。


  • No.
    11

    スマホで回避操作はスマホが壊れてしまうw


  • No.
    12

    回避方法がとっても簡単ですね!でもサマーソルト攻撃をもし受けてしまうと影響が大きそう・・・


  • No.
    13

    かなりの強敵ですね!見るからに強そうですが回避行動を駆使すればなんとかなるかな~

    ぴんぽんぱーる

  • No.
    14

    攻撃範囲が狭いのは助かりますね。行動をよむまでは苦戦しそうです。

    ぴんぽんぱーる

  • No.
    15

    回避行動をきちんとすればなんとかなるのか。


  • No.
    16

    サマーソルト攻撃にどのくらいの耐えられるのかも考えないといけないな。


  • No.
    17

    いかに行動を読んで対処出来るかが鍵になりそう


  • No.
    18

    ドラプロには雄雌つがいで出てきて夫婦アタックしてくる奴が出てくるかも


  • No.
    19

    猛毒の尻尾を持ったドラゴンっていうとワイバーンがモデルなのかな


  • No.
    20

    雌、そしてリオレイアというかわいい名前。その名前に反して凶悪そうだ・・・


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ